社員メッセージ

社員メッセージ

設計と製造をつなぎ、図面を実物にする橋渡し役として。

生産技術部
清水つかさ
2016年入社 工学部 機械工学科卒

担当ラインまるごと、構想から立ち上げ後まで見届ける。

Aisanでは、設計・製造・生産技術が三位一体となって、製品や品質を造り込んでいくスタイルを大事にしています。製造がつくりやすい形状を設計側にフィードバックするなど、両者をつないで工程や設備を考えるのが、私たち生産技術です。要求品質を実現できるような、また作業者が安全に安定して良品をつくれるような工程を設計し、話し合いを重ねながら造り込んでいきます。設備の仕様を決めて製作し、完成したら、テストを重ねて条件を出し、製造に引き渡すまで一貫して手がけます。もちろん、引き渡し後に現場から設備への要望が出れば、その都度対応。作業者が本当に使いやすい状態になるまで、自分で面倒を見ます。知識や技術以上に大切なのは、関係部署とのコミュニケーション。私は人と仲良くなることが得意なこともあって、設計の人にも「なぜこの形状なんですか?」と遠慮せず質問し、時には製造しやすいよう私から設計変更を進言することも。現場へも足を運び、実際の設備を自分の目で確かめます。

設備が完成し、製品ができる。その喜びを、海外でも味わいたい。

入社2年目に、燃料ポンプモジュール組立ラインの改造を担当しました。計画から立ち上げまで、すべて任されたのは初めて。それでも「ミスを気にするよりやってみなさい」と上司は言ってくれました。生産技術の仕事では、頭の中や机上で考えに考えた抜群のアイデアでも、必ずしも思い通りにはなりません。「こんな設備なら良い製品が造れる!」と思っても、実際のテストで製品を流してみると全然ダメ…ということも。このように、生産技術は実際に繰り返しトライできるところが面白味のひとつです。私自身、動力に頼らない「からくり」の技術を取り入れた機構を考え、試行錯誤を繰り返しながら製品がうまく形になるのを確認した時は、大きな達成感がありました。途中、納期が危うくなったとき助けてくれたのは、部署の先輩方。困ったときにはいつでも全員で力を結集することができるこの部署だからこそ、プレッシャーを感じることなく、やり遂げられました。この先の目標は、世界中に生産拠点を持つAisanのグローバルなモノづくりを支えていくこと。生産技術は、ラインの立ち上げや整備のために海外出張の機会が多くあります。国内や海外で経験を積み、あらゆる事態に対処できる実力をつけ、そのスキルで海外拠点を支援していきたいです。

pagetop