健康な職場づくり

心も体も健康で長くいきいきと働ける職場づくりを目指して

「持続的な成長を実現していく上で、社員や家族の心身の健康は重要な経営資源、企業活力の厳選である」という考えに基づき、2018年6月に「健康宣言」を制定。社員の健康増進への意識醸成・職場活動の活性化・安全で健康な職場づくりを全社で進めていくことを社内外へ向け発信しました。
それを皮切りに、担当役員を筆頭に会社・労働組合・健康保険組合が一体となって健康経営を進めていく体制を整備。さらに会社方針において「健康」を基盤方針のひとつに据え、定期的に経営会議で活動報告を行っています。

『健康宣言』~健康チャレンジ~

愛三工業は、社員一人ひとりの心身の健康こそが、個性や能力を最大限発揮でき、働きがいと企業の活性化につながると考えます。
企業活動の原点である「人間性の尊重」「健康第一」に基づき、健康の保持・増進活動を進化させるとともに、健康チャレンジを会社・労働組合・健康保険組合が一体となって推進し、社員とその家族の健康づくりを積極的に支援していきます。
また、当社の事業活動を通じて、健康で活気ある地域・社会づくりに貢献することをここに宣言します。

2018年6月13日
愛三工業株式会社
代表取締役社長

野村 得之

健康経営促進体制

健康経営促進の体制図

主要な中期目標

対象:愛三工業従業員
  2019年実績 2020年実績 2021年目標
特定健診受診率 99.0% 98.4% 99.5%
人間ドック受診率 65.9% 62.3% 66.5%
精密検査受診率(2次検査) 92.3% 92.3% 93.5%
ストレスチェック実施率 94.0% 94.4% 95.5%
対象:愛三工業従業員
  2019年実績 2020年実績 2021年目標
脂質リスク者率 29.7% 34.6% 29.5%
血圧リスク者率 11.6% 13.0% 11.5%
血糖値リスク者率 8.9% 9.8% 8.5%
喫煙率 32.0% 28.5% 27.0%
運動習慣者率 30.5% 22.7% 31.0%

具体的な取り組み

敷地内全面禁煙

喫煙関連疾患の発症リスク減少による健康寿命の延長を目指し、2020年10月より、敷地内全面禁煙を開始しました。国内の生産拠点・駐車場等の敷地内では加熱式タバコ・電子タバコを含めすべて禁煙となります。
その他、禁煙支援プログラムや禁煙促進イベント(禁煙ダービー)などの施策と合わせて、今後も禁煙対策に積極的に取り組んでいきます。

ハイリスクアプローチ(健康リスクが高い方に対し、リスクを減らすよう支援するアプローチ)

特定保健指導を強化

従業員の「特定保健指導対象者」には生活習慣改善指導を就業時間中に管理栄養士・保健師が連携して実施しました。実施率は実質対象者の94%となりました。

ポピュレーションアプローチ(従業員とその家族の健康リスクを全体的に下げるよう支援するアプローチ)

健康講座

従業員ライフプラン研修、管理職キャリアプラン研修のカリキュラムに「健康講座」を追加しました。健康増進のマインドの醸成はもとより、体力テストにより自身の現状を数値で認識し、継続できる体力維持プログラムを提案しています。

健康チャレンジ

10月と11月を「健康チャレンジ期間」として、全従業員と家族を対象に生活習慣の改善にチャレンジしています(2019年度目標達成率72%)。複数のメニューから自分に合うものを選び、2ヵ月職場で励ましあいながら継続して取り組みます。

ウォーキングイベント

愛三工業健康保険組合が、他組合と8健保合同で従業員とその家族向けにウォーキングイベントを開催しています。2018年は名古屋市の東山動植物園で実施、約400名が参加しました。また、組合が加入している健康保険組合連合会愛知連合会が年2回(春・秋)開催する「けんぽれんあいち 健康ウォーク」への参加を積極的に推進しています。

健康経営に関する認定状況

健康経営優良法人【大規模法人部門】

健康経営優良法人2022 ホワイト500

  • 愛三工業株式会社

健康経営優良法人【中小規模法人部門】

健康経営優良法人2022

安全・安心な職場づくり

愛三グループの全従業員が安全・安心な職場環境でいきいきと働けるよう、安全文化の構築に取り組んでいます。

労働安全衛生への取組み

安全衛生は、企業の永続的な基盤をなすものであり、社会的責任を負うものであるという認識のもと、「人間性の尊重」、「健康第一」、「安全第一」を基本理念とし、安全で安心な働きやすい職場環境づくり活動を全員参加により推進する。

労働安全衛生方針

  1. 組織体制を確立し、役割と目標を明確にして、改善活動を継続的に実施し、労働安全衛生水準の向上を図る。
  2. 労働安全衛生に関係する法令や規則などを確実に順守し、労働安全衛生管理に努める。
  3. 職場の危険性、有害性を改善し、明るく快適で、健康的な職場づくりに努める。
  4. 全ての従業員に対し、十分な教育・訓練を実施する。
  5. 安全と健康な心身確保のため、従業員との話し合いを尊重し、全員参加の安全衛生活動を推進する。

労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲の決定

当社は、ISO 45001 規格の要求事項に従った労働安全衛生マネジメントシステムを確立し、実施し、維持管理し継続的改善をすることを狙いに、適用範囲を下記の様に定める。

  1. 地域
    下記を中心として、所在する当社に関係する地域
    • 本社・本社工場:愛知県大府市共和町一丁目1番地の1
    • 安城工場:愛知県安城市東端町北山100番地
    • 豊田工場:愛知県豊田市西広瀬町小麦生635番地30
    • 広瀬テクニカルセンター:愛知県豊田市西広瀬町川原田519-3
      (広瀬テクニカルセンターは本社所属部署の活動範囲に含む)
  2. 機能
    自動車部品の開発・設計・製造・販売に関わる製品・サービスの提供
  3. 要員
    当社に勤務する経営層・管理職・従業員に適用する。

安全道場

工場内の安全道場では、ルールを守ることの大切さや危険予知への意識向上に取り組んでいます。

無災害時間の継続

各工場で無災害時間継続に取り組んでいます。

人づくり

環境変化に対応しながらグローバルに活躍できる人財育成に取り組んでいます。

愛三学園

愛三学園は、職業能力開発促進法に基づく事業所内認定職業訓練校です。学園生は1年間をかけて、技能士として将来職場の中核となるよう、技能や知識を身につけるとともに、人間性を高めます。

グローバルトレーニングセンター

グローバルトレーニングセンター(GTC)は海外拠点の自立化支援を目的に設立。愛三のものづくりを学んだスタッフは、それぞれの拠点の中核となって活躍しています。

コミュニケーションの充実

風通しが良く明るい職場づくりをめざし、様々なイベントを通したコミュニケーションの充実をはかっています。

育児者交流会

育児休業中の従業員を対象に、毎年育児者交流会を開催しています。交流会には上司や育休復帰経験者も参加し、職場復帰や子育てなどの相談に乗っています。

社内運動会

社内運動会が復活、各職場が優勝めざし熱戦を繰り広げました。従業員の家族も一緒に楽しめるイベントになるよう工夫をこらしています。