社員メッセージ

社員メッセージ

走る楽しさを、より多くの人に伝えたい。

第1製品開発部 製品開発・設計
杉野幸也
2013年入社 工学部 機械工学科卒

「自分が楽しく走れるか」それが、第一の判断基準。

私は子どもの頃からクルマが大好きで、大学では自動車部に所属してカスタマイズから整備、ドライビングまでとことん楽しむなど、“クルマ漬け”の毎日でした。各大学の自動車部対抗レースに参加したり、趣味でもサーキットで走るほどのクルマオタクは、Aisanでも珍しいと思います。Aisanを選んだのも吸気系部品である「スロットルボデー」を、自分で開発したかったから。あまり知られていませんが、スロットルボデーは運転者の乗り心地の優劣に直結する、とても重要な機能部品です。アクセルを踏んで加速したいときに加速できないと、それが大きなストレスの原因となり、逆に加速しすぎても様々な問題が発生します。その鍵を握るのが、スロットルボデーなのです。だからこそ、私が良い製品を開発すれば、クルマの走る楽しさを世界中の人々にもっと伝えられると思います。仕事でも、「自分がワクワクできる乗り心地か?」という視点で開発を行っています。

自分が先頭に立ち、新機種を世に送り出したい。

新規開発品と既存製品で多少の差はありますが、1機種についてエンジニア2~3名で開発を行います。その中でも、私は設計図を描く、モデル(試作品)を作成する、プレゼンテーションを行うなどの設計業務を担当しています。大学でエンジン工学やターボエンジンについての知識を深めていたので、スロットルボデー・インテークマニホールドの開発にも比較的にスムーズに取り組むことができました。また、職場では周りの先輩たちが、「杉野のミスは俺たちがカバーする。杉野がミスをしないと俺たちがいる意味がない!」とまで言ってくれるので、失敗を恐れず色んなことに挑戦しやすい雰囲気です。今はまだメンバーの1人にすぎませんが、いずれは先輩たちと同じように第一線で活躍するエンジニアに成長して、後世にも受け継がれていくような、Aisanを代表する新製品を作り出したいです。

pagetop